2007年02月20日

華麗なる一族 視聴率 木村拓哉

華麗なる一族視聴率を左右するのは
やはり木村拓哉だ。華麗なる一族ドラマ
原作との相違点があるがその先がよめない
ネタバレ感がないところが人々の興味を引き
華麗なる一族視聴率を再び高めている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原作との相違点

「つる乃屋」の老女将の鶴田志乃が万俵家の先代の万俵敬介の愛妾だったということを、原作では鉄平はもちろん大介も知っているが、ドラマでは鉄平は知らないことになっている。原作では「つる乃屋」で鉄平は時折、「スカッと遊んで性処理をしたり」という描写があり、先代の敬介も同じように遊んでいたのである。しかし、本ドラマでは鉄平と大介の父子の葛藤と、鉄平と早苗の真実の愛を貫くというテーマもあり、こういう描写は無しになっている。また、鶴田志乃は先代の敬介の初孫で敬介が鉄平を一番可愛がっていたことを知っており、鉄平のことを原作では「ぼんぼん」と呼んでおり、ずっと関西弁を話している。
万俵大介が最初に吸収合併を狙った三栄銀行(原作では第三銀行であるが、現在同名の銀行がある為、本ドラマでは変更)の不正献金相手は、原作では永田大蔵大臣の政敵・田淵自由党幹事長であるが、本ドラマでは閨閥相手(鉄平の岳父)である大川一郎に変更されている。大介は病魔に倒れ余命幾許も無い大川の利用価値を見限り事件をマスコミにリークするが、これにより大介の冷徹な性格、鉄平との葛藤を強調する効果を出している。
大介と相子が仕掛ける二子の縁談相手が原作では、佐橋総理夫人の縁戚に当たる甥という設定の為、性が違う「細川一也」となっているが、本ドラマでは何故か「佐橋和也」と変更されている。
ストーリーの舞台となる1960年代には使われなかったであろう外来語がいくつか登場する。たとえば巨大銀行を意味するメガバンクは1990年代に入ってからだろうし、リークというのも当時から使われていたかどうかはいささか疑問である。おなじく、主演の木村拓哉は茶髪で鉄平役を演じているが、当時髪を茶色に染めることは稀である。


まあ相違点とか時代考証とかいろいろあると思うが
華麗なる一族木村拓哉さえ出ていれば高視聴率は間違いない。


posted by jelrog at 02:57| 華麗なる一族 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。