2007年02月22日

華麗なる一族 あらすじ

華麗なる一族視聴率が好調だ。

だがドラマも終盤にさしかかりいまからでは

「もう乗り遅れでは?」

と思うかたもあらすじさえわかれば十分ついてゆけます。


華麗なる一族第4話のあらすじ

万俵鉄平(木村拓哉)の会社、阪神特殊製鋼が開発した新素材を、アメリカンベアリング社が、高く評価し、全米自動車業界へ大々的に展開させたいと申し出てきた。それは世界最大の鉄鋼国アメリカへ進出するという、日本鉄鋼業界の悲願を実現するということであった。
同じ頃、金融再編を急ぐ大蔵省では、連日のように都市銀行同士の合併案が討議されていた。

(華麗なる一族公式ホームページより)



華麗なる一族第5話のあらすじ

大川一郎(西田敏行)の闇献金記事に憤怒する鉄平(木村拓哉)のことを案じて、大同銀行頭取・三雲が訪れてきていた。三雲は、ただがむしゃらに働き、アメリカ進出と高炉建設を成功させることが、大川の舅への一番の励ましだと信じている鉄平にある噂を伝える。闇献金の話は政治の世界には色々な意味があるのかもしれないが、銀行家の間では別の意味があると言う。

(華麗なる一族公式ホームページより)



華麗なる一族第6話のあらすじ

鉄平(木村拓哉)が業務提携を取り付けて来ていたアメリカンベアリング社が吸収合併されたというニュースが飛び込んできた。阪神特殊製鋼の錢高(西村雅彦)の報告を受けた大亀(武田鉄矢)は、鉄平が追加融資の依頼にやってくるということを大介(北大路欣也)に連絡するが、大介は、小が大を食う合併を急いでいるこの時期にそんなことに手を貸す余裕などないと断る。

(華麗なる一族公式ホームページより)


posted by jelrog at 03:55| 華麗なる一族 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

華麗なる一族 あらすじ

華麗なる一族視聴率が好調だ。

だがドラマも終盤にさしかかりいまからでは

「もう乗り遅れでは?」

と思うかたもあらすじさえわかれば十分ついてゆけます。


華麗なる一族第1話のあらすじ

時は1960年代後半、大阪万博の成功を呼びかけるポスターなどが数多く貼られている神戸。そんな時代に、万俵鉄平(木村拓哉)は、大いなる希望に満ちていた。
鉄平が専務を務める、阪神特殊製鋼は、その名の通り、特殊な性能を持つ鉄を作る会社。しかも、ここの所次々と新しい技術を開発し、様々なメーカーからの注文が相次ぐようになっていた。

(華麗なる一族公式ホームページより)


華麗なる一族第2話のあらすじ

ついに万俵鉄平(木村拓哉)は高炉建設という夢に向かって歩き始めた。彼は建設が成就するまで、帝国製鉄による故意の供給遅延を何とか凌ごうと従業員たちを鼓舞していた。鉄平は従業員たちにも高炉建設の決定を告げたのだ。拍手と歓声で迎えてくれた従業員たちとは相反して、経理担当常務の錢高(西村雅彦)は溜息をついていた。それもそのはず、実は、メインバンクである阪神銀行からの融資の回答は未だに届いていなかったのだ。

(華麗なる一族公式ホームページより)

華麗なる一族第3話のあらすじ

阪神銀行から高炉建設の融資に関する連絡が来た。何とその結果は、50%の融資のうち10%を減額するというのだ。驚いた鉄平(木村拓哉)は、思わず飛び出しそのまま車のハンドルを握った。向かった先は、阪神銀行頭取室。応対したのは専務の大亀(武田鉄矢)。
大亀が静止するのも聞かず頭取室のドアを開けた鉄平であったが、そこに、父・大介(北大路欣也)の姿はなかった。

(華麗なる一族公式ホームページより)
posted by jelrog at 00:56| 華麗なる一族 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

華麗なる一族 視聴率 木村拓哉

華麗なる一族視聴率を左右するのは
やはり木村拓哉だ。華麗なる一族ドラマ
原作との相違点があるがその先がよめない
ネタバレ感がないところが人々の興味を引き
華麗なる一族視聴率を再び高めている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原作との相違点

「つる乃屋」の老女将の鶴田志乃が万俵家の先代の万俵敬介の愛妾だったということを、原作では鉄平はもちろん大介も知っているが、ドラマでは鉄平は知らないことになっている。原作では「つる乃屋」で鉄平は時折、「スカッと遊んで性処理をしたり」という描写があり、先代の敬介も同じように遊んでいたのである。しかし、本ドラマでは鉄平と大介の父子の葛藤と、鉄平と早苗の真実の愛を貫くというテーマもあり、こういう描写は無しになっている。また、鶴田志乃は先代の敬介の初孫で敬介が鉄平を一番可愛がっていたことを知っており、鉄平のことを原作では「ぼんぼん」と呼んでおり、ずっと関西弁を話している。
万俵大介が最初に吸収合併を狙った三栄銀行(原作では第三銀行であるが、現在同名の銀行がある為、本ドラマでは変更)の不正献金相手は、原作では永田大蔵大臣の政敵・田淵自由党幹事長であるが、本ドラマでは閨閥相手(鉄平の岳父)である大川一郎に変更されている。大介は病魔に倒れ余命幾許も無い大川の利用価値を見限り事件をマスコミにリークするが、これにより大介の冷徹な性格、鉄平との葛藤を強調する効果を出している。
大介と相子が仕掛ける二子の縁談相手が原作では、佐橋総理夫人の縁戚に当たる甥という設定の為、性が違う「細川一也」となっているが、本ドラマでは何故か「佐橋和也」と変更されている。
ストーリーの舞台となる1960年代には使われなかったであろう外来語がいくつか登場する。たとえば巨大銀行を意味するメガバンクは1990年代に入ってからだろうし、リークというのも当時から使われていたかどうかはいささか疑問である。おなじく、主演の木村拓哉は茶髪で鉄平役を演じているが、当時髪を茶色に染めることは稀である。


まあ相違点とか時代考証とかいろいろあると思うが
華麗なる一族木村拓哉さえ出ていれば高視聴率は間違いない。
posted by jelrog at 02:57| 華麗なる一族 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

華麗なる一族 視聴率 ネタバレ

華麗なる一族視聴率を左右するのは
やはり木村拓哉だ。華麗なる一族のドラマは
原作との相違点があるがその先がよめない
ネタバレ感がないところが人々の興味を引き
華麗なる一族の視聴率を再び高めている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原作との相違点
万俵家の三女・万俵三子、万俵鉄平・早苗夫妻の子どもで長女の京子、三雲祥一大同銀行頭取の娘・三雲志保、美馬中・一子夫妻の子どもで次男の潤はドラマには登場しない。
万俵銀平とかつて恋仲だった小森章子とのエピソードは今回のドラマでは無くなっているが、その代わり鉄平が主役に置き換えられた為か、原作には無い鉄平と鶴田芙佐子が過去に交際していたというエピソードが新たに加わっている。
一之瀬工場長の息子である一之瀬四々彦は原作では、名前の通り四番目に出来た子どもで四男という設定になっているが、本ドラマでは一人っ子という設定になっている。
鉄平が高炉建設に向けて阪神銀行に融資の依頼をして、10%減額された分の融資分の調達をするに当たって、本ドラマでは鉄平の岳父の大川一郎の紹介で三栄銀行からと大同銀行から調達したということになっているが、原作では、協調融資銀行と新規の生命保険会社と大同銀行から調達したということになっており、この融資に関しては大川一郎は関与してはおらず、鉄平自身で減額された融資分を調達している。

華麗なる一族を現代にリメイクした場合
やはり恋愛関係での組立かたに変更を加えてあり
そこが人々の興味をかきたて
華麗なる一族視聴率アップにつながっている。
posted by jelrog at 20:44| 華麗なる一族 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗なる一族 視聴率

華麗なる一族視聴率が事前の予想通り
大変好調である。どうして華麗なる一族視聴率
ここまで好調なのだろうか?

まずは華麗なる一族の視聴率についての現状について

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『日曜劇場・華麗なる一族』(にちようげきじょう・かれいなるいちぞく)は、山崎豊子の小説『華麗なる一族』を原作とするテレビドラマ。2007年1月14日よりTBS系列で、毎週日曜日の21:00〜21:54(JST、初回は22:24まで延長)に放送される。

TBSの開局55周年記念番組としても位置付けられており、全10回の予定である。

主演は、SMAPの木村拓哉が務め、連続ドラマでは、2005年4月期の『エンジン』以来となり(単発を含めるならば、『HEROスペシャル』、2006年7月3日放送以来半年振りとなる)、同枠では、2003年1月期の『GOOD LUCK!!』以来4年振りに登場することになる。

概要
原作および、これまでの映画・ドラマでは、阪神銀行頭取の万俵大介が主役だったが、この作品では大介の長男で万俵財閥の主力企業である阪神特殊製鋼の専務を務める鉄平が主役に変更されている。


サブタイトル・視聴率
全10回。
各話 放送日      タイトル     関東地区 関西地区
第一回 2007年1月14日 -          27.7% 30.5%
第二回 2007年1月21日 過去の悲劇と真実  21.8% 28.7%
第三回 2007年1月28日 引き裂く運命    23.5% 30.8%
第四回 2007年2月04日 悲しき裏切り    23.0% 27.3%
第五回 2007年2月11日 運命を分けた死   21.2% 26.2%
第六回 2007年2月18日 万俵家の崩壊
第七回 2007年2月25日


現在のところ視聴率は以上となっている舞台の中心である関西地区で
特に華麗なる一族視聴率は突出したものとなっている。
posted by jelrog at 04:51| 華麗なる一族 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。